PICテスト用基板の製作0 作成手順の検討

中華CNCフライス盤 CAD

初心者である筆者が試行錯誤しながら、とりあえず一連の動作をさせた忘備録です。細かい設定等はまだよくわかっていません。使いながら勉強していきますので、その都度更新していきますので、参考程度に見てください。

Sponsored links
Sponsored links

テスト用基板の検討・仕様

今までブレッドボードを使い、PICへのプログラム書き込みとデバッグを行っていました。ブレッドボードはテスト的にはとても使いやすいのですが、常時使うとピンが緩んできたり、ケーブルが外れてしまうので基板を作成しようと思います。テスト用なのでユニバーサル基板で制作してもよいのですが、勉強がてら専用の基板を制作して見ようと思います。
作成には中華CNCフライス盤で削り出し基板を作成します。

ブレッドボードで実験
ブレッドボードでプログラムの書き込み・テスト

作業手順

  • CADはKiCadを使い回路図を作成します。(以前はEagleを利用していたのですが、Fusion360に統合されてしまったのでできるだけ軽そうなCADにしてみました)
  • KiCadでボードのパターンを設計するために、自動配線のツールFreeRoutingを使ってみようと思います。
  • KiCadからデータを取り出して、CNCフライス加工用のプログラム(Gコード)に変換するためにFlatCAMを使ってみます。
  • NCVCで動作確認をしながら、Gコードの動作確認をします。
  • 中華フライスをPCでCandleから制御して、銅箔板を削り出します。
  • 部品の搭載をします。

こんな感じで作業を進めていこうと思います。

ターゲットにするパーツ

中心になるパーツはやはりPICです。よく使いそうなPIC16F1827とPIC16F1823のボードを制作しようと思います。入手しやすく、電源電圧が1.8Vからでオシレータ内臓なので、小型化するには使いやすそうです。
PICはプログラム書き込み後、本番の基板に搭載したいので簡単に取り外しができるように”ゼロプレッシャーICソケット”を使います。
制御用回路はシステムによって異なると思いますので、PICの入出力をコネクタ(ピン・ソケット)で基板から出そうと考えています。制御対象は毎回ちがうと思いますので、制御用回路はブレッドボードで組み上げるようになると思います。
まずはLEDの制御からですが、いずれはステッピングモータやサーボモータの制御もしたいと思っています。

まずは、中華CNCフライスで基板を削り出すのに注力したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました