電子工作

電子工作

OWON ハンドヘルドデジタルオシロスコープ HDS272

以前からスタンドアロンのオシロスコープが欲しかったのと、テスターが壊れてしまったので、マルチメータが使えるということで、OWAN HDS272を購入しました。OWONというメーカは会社でも使っているので、安心して購入できました。
CAD

KiCad シンボルを自作する

KiCadでPIC16F1827を使用しようと思いましたが、KiCad7の標準シンボルには存在しませんでした。ググると作成された方がアップしてくだっさっていたのでインストールしてみたのですが、ちょっとイメージと違うので、自作を試みてみます。
ホビー

PICガジェット制作4 RCサーボモータの動作テスト

マイクロサーボモータ FH-2502 と FH-1083 を手に入れたのですが、詳細仕様がわからないのでSG-90をもとに手探りで動作させてみようと思います。
CAD

KiCadのインストールをしてみよう

CADは今まで、Eagleを使っていたのですが、最近Fusion360に統合されました。3DCADには興味があるのですが、基板の設計が主なので、今回は基板設計に特化したKiCadを導入してみようとおもいます。
ホビー

PICガジェット制作2 直列電池の単体電圧を測る

電池を直列接続で使っていると、電極が反転してしまう(転極)電池が出てきてしまいます。これは特に古い電池を使いまわしているときに発生しやすいようです。PIC回路の電源に使っている直列電池をセットしたまま1本1本の電圧確認できるかテストしてみました。
ホビー

PICガジェット制作3 PIC12F1822でPWMパルス発信を実験

まずは、PWMの基本的な使い方を学ぶために、PIC12F1822を使って簡単な回路でテストをしてみます。また、細かい制御は必要ないのでできるだけ簡単にRCサーボの基本周波数の50Hzを出せる設定を調査・検証してみます。
CAD

PICテスト用基板の製作1 KiCadで回路の設計

PIC16F1823のテスト用基板の回路図をKiCadで描いてみます。 PIC16F1823は14ピンなのですが、手持ちのZeroプレッシャーソケットが18ピン用しかなかったので、4ピン欠損というシンボルを作成しました。
ホビー

PICガジェット制作1 MCC設定を使い電源電圧を測定する

基板開発に必須ではないですが、電源電圧をチェックする機能があると便利だと思います。PICで電源電圧を測定できるので、基本的な機能を標準で組み込むためにテストしておこうと思います。MCCを使って設定したサイトが見つからなかったので、基本的な設定を記録しておきます。
ホビー

PIC開発環境の整備3 MCC v5.3.7のインストール

デバイス設定の補助とライブラリ生成補助のMPLAB Code Configrator(MCC)の追加を行います。しかし、最近のMPLAB X IDEにはすでにMCCが組み込まれているようです。
ホビー

PIC開発環境の整備4 PICkit3の動作確認

今回は、Windows11とMPLAB X IDE Ver 6.15でPICkit3の動作確認を行おうと思います。MPLAB X IDE Ver 6.00以降PICKit3はサポートされていなかったようですが、Ver 6.10以降再びサポートされたようなので、動作確認は必要です。