CAD

CAD

KiCad シンボルを自作する

KiCadでPIC16F1827を使用しようと思いましたが、KiCad7の標準シンボルには存在しませんでした。ググると作成された方がアップしてくだっさっていたのでインストールしてみたのですが、ちょっとイメージと違うので、自作を試みてみます。
CAD

KiCadのインストールをしてみよう

CADは今まで、Eagleを使っていたのですが、最近Fusion360に統合されました。3DCADには興味があるのですが、基板の設計が主なので、今回は基板設計に特化したKiCadを導入してみようとおもいます。
CAD

PICテスト用基板の製作1 KiCadで回路の設計

PIC16F1823のテスト用基板の回路図をKiCadで描いてみます。 PIC16F1823は14ピンなのですが、手持ちのZeroプレッシャーソケットが18ピン用しかなかったので、4ピン欠損というシンボルを作成しました。
CAD

PICのテスト用基板の製作7 NCVCで動作確認

FlatCAMで作成したGコードの動作を、NCVCというCAMソフトのビューワ機能を利用して、動作を確認したいと思います。NCVCは結構な機能を持ったCAMソフトのようですが、ここではCNCの動作確認だけに使います。
CAD

PICテスト用基板の製作6 FlatCAMでGコードを作成する

KiCADで作成した基板パターンを中華フライスで切削するために、FlatCAMを使ってCNCプログラムであるGコードファイルを作成してみます。とりあえず、最初なのでコードを吐き出すことを目標に作業していきます。
CAD

PICテスト用基板の製作5 FlatCAMのバージョンを戻す

FlatCAM β Ver. 8.994_x64をちょっと利用してみたのですが、[Generate Geomety]ボタンをクリックすると、FlatCAMが落ちてしまいます。いろいろと設定を変えてみたりしたのですが、正式バージョンの8.5に変更してみます。
CAD

PICテスト用基板の製作0 作成手順の検討

今までブレッドボードを使い、PICへのプログラム書き込みとデバッグを行っていました。ブレッドボードはテスト的にはとても使いやすいのですが、常時使うとピンが緩んできたりするので、中華CNCフライス盤で基板を削り出そうと思います。
CAD

PICテスト用基板の製作3 FlatCAMのインストール

FlatCAM Version.8.994 x64 beta版のインストール手順を記述しておきました。
CAD

PICテスト用基板の製作4 KiCadでガーバーデータを作成する

中華CNCで基板を切削するための1手順です。FlatCAMを使ってGコードに変換するために、KiCad7でガーバーデータとドリルデータを作成します。
CAD

PICテスト用基板の製作2 FreeRoutingを使って自動配線

KiCad7にFreeroutingのプラグインを設定する方法を記述しておきます。そして、Freeroutingを使って簡単な回路のパターンを作成するところまで挑戦します。